Duke Ellington

Duke Ellington 1899-1974

アメリカ、ワシントンD.C.出身のジャズの作曲家、ピアノ奏者、オーケストラリーダー。「デューク(公爵)」というニックネームは、7歳の時に親友エドガー・マッケントリーによって付けられました。彼の身の動きの優雅さ(grace)ときちんとした服装(dapper style)からそう命名されたいいます。このエピソードだけをとっても Dawson Linton & Co の ICONになるにふさわしい!小学生の頃からピアノを習い始め、高校時代に音楽教師から高度な作曲理論を学んだデュークは、1916年にピアニストとしてデビュー。その後ニューヨークに進出し、1927年にハーレムの「コットン・クラブ」とバンド契約しました。1930年代から第二次世界大戦後にかけて『A列車で行こう』など、音楽史に残る様々な作品を世に出しました。ディナーパーティーをひらいて愛しいデュークの音楽を聞きながらラムチョップなどを振る舞ってみたいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中