華麗なるギャツビー

The Great Gatsby は失われた世代を代表するアメリカの作家 F・スコット・フィッツジェラルドが執筆し1925年に出版された小説。ジャズと酒と(禁酒令がひかれていたにもかかわらず)20年代の華やかさと憂いを背景に、NY州グレート・ネックの大邸宅に住む富豪ジェイ・ギャツビーの謎と愛にせまる名書です。この作品は多数映画化されていますが Dawson Lintonのお気に入りは1974年に公開されたロバート・レッドフォード主演のもの。映画に使われた紳士服は当時一世を風靡していた若きデザイナー、ラルフ・ローレンが提供したとして話題になりました。(実際の衣装担当はTheoni V. Aldredgeでラルフ・ローレンはあまり関係なかったようですが)  F・スコット・フィッツジェラルドの物憂い横顔のポートレートも、ミア・ファローがギャツビーの高価なシャツの山を投げ出しているシーンも(なぜか笑える)、華麗なるこのギャツビーの世界に虜にされてしまいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中